HOME > 審査が気になる人に > 年収は審査のどのように影響するか? RSS   Admin NewEntry Comment
クレジットカードはポイントにこだわらなければ使う意味がありません!当サイトではポイントにとことんこだわったクレジットカードのお得情報を御紹介。マイレージやマイル移行にも役立ちます。
  • 2017.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.05
クレジットカードの申し込みの審査基準として「年収」の大小も審査の結果として多少影響を及ぼすのは否めません。

やはり年収は少ないよりも多い方に越したことはありませんし、年収が多ければそれだけクレジットカードの審査で有利という事になります。

しかし、ここで注意する点があるのですが、クレジットカードの審査申込で申告する年収はあくまでも「自己申告」となっております。

クレジットカードの審査申し込みではキャッシングの申し込み等と違い収入証明書の提出を義務つけられるわけではありません。

従って、年収はいくらでも「勝手に大きく申告できる」ということです。
それがクレジットカードの審査時の落とし穴となります。

例えば、二十歳そこそこのフリーアルバイターが「年収700万円」と申告してもクレジットカード会社は「この申告は嘘だ!」と思ってしまうわけです。

当然、クレジットカード会社に「嘘だ」と思われてしまったら審査に落ちてしまうでしょう。


やはり自己申告といえども「常識的な範囲」で自分の収入を申告すべきであります。

例えば、年収400万円で年齢25歳のサラリーマンが、クレジットカードを申し込んだとしましょう。

その時、クレジットカードの収入申告欄に「年収600万円」と書けば怪しまれます。

しかし、「年収450万円」と書けば「常識的な範囲内」といえます。
だから、自分の年収を少しでも多く見せかけて申告して審査を有利にさせたい場合は「常識的な嘘の範囲内」で申告しましょう。


【ポイント還元率が断然お得なクレジットカード】

ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!

(楽天カード)

通常のクレジットカードより3倍以上お得!

(漢方スタイルクラブカード)







[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
ブログ内検索
最古記事
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(02/04)
(02/08)
(02/08)
(02/08)
(02/09)
(02/10)
(02/10)
(02/11)
(02/12)
バーコード
クレジットカードはポイントにこだわろう! Produced by e-gm
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ