HOME > 法人クレジットカード > 法人クレジットカードについて RSS   Admin NewEntry Comment
クレジットカードはポイントにこだわらなければ使う意味がありません!当サイトではポイントにとことんこだわったクレジットカードのお得情報を御紹介。マイレージやマイル移行にも役立ちます。
  • 2017.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.05
お勧めの法人カードはこちらです

法人クレジットカードとはその名のとおり「法人向けのクレジットカード」です。

法人クレジットカードはコーポレートカードやビジネスカード、福利厚生カードなど様々な種類があります。

ではそれぞれの特徴を解説してみましょう。

まずコーポレートカードは、一般的に大企業向けに発行されるクレジットカードで法人が任意にカード枚数を指定できます。

ビジネスカードは一部のクレジットカード独自のカードであり、主に個人事業向けに発行されております。

福利厚生カードは、福利厚生のお仕事をするために法人に所属している人や生協組合員などに対して発行されます。

法人クレジットカードと個人クレジットカードの違いってどんなものでしょうか?

まずクレジットカードの機能としての違いは変わりません。
しかし、法人カードは個人カードと違ってポイントが貯まらないモノや一部のカード利用に限度額の制限があったりするカードがあります。

また、法人クレジットカードによっては法人と個人双方にポイントを付与する特典があるカードもございます。

では法人がクレジットカードを発行できる条件ってあるのでしょうか?
あります。

法人だからどこでも良いというわけではなく、それなりの経営基盤がしっかりした会社でなければ法人クレジットカードを発行することができません。

一般的に3年以上の経営歴があることと、事業が黒字であることが前提のようです。

例外として3年以下の経営歴でも発行できる場合もありますが・・・。


最後に、法人クレジットカードを利用するメリットは経理事務の簡易化ではないでしょうか。出張費や交際費などの細々とした経費をクレジットカードで精算することにより経理事務が効率良くなります。

また、接待費、出張費、消耗品費などの費用が必要な場合に今すぐ現金を用意する必要がなく便利であります。



【ポイント還元率が断然お得なクレジットカード】

ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!

(楽天カード)

通常のクレジットカードより3倍以上お得!

(漢方スタイルクラブカード)





[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
ブログ内検索
最古記事
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(04/09)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(07/15)
(02/04)
(02/08)
(02/08)
(02/08)
(02/09)
(02/10)
(02/10)
(02/11)
(02/12)
バーコード
クレジットカードはポイントにこだわろう! Produced by e-gm
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ